PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    自己を見つめる(心は何処に)2
    0

      ダンクです。

       

       

      日浦師匠からコメントをいただきました。

      「心は、胸にあるという説明に騙されやすい。マインドが

      鎮座するのは脳。脳は思考を生み出す源。」

      とのことでした。

       

      マインド、それはだった!

      ごめんなさい。m(_ _)m

       

      続きを読む >>
      posted by: ダンク | - | 00:29 | comments(3) | - |
      自己を見つめる(心は何処に)
      0

        ダンクです。

         

         

        市内で、どこが主催だったか忘れましたが、

        会社からの動員もかかり、ダンクも出席しました。

        講師を呼んでの、自己啓発セミナーです。

         

         

        もしあなたが販売員ならどのように商品を売るか、

        が主題でした。

         

         

        続きを読む >>
        posted by: ダンク | - | 09:16 | comments(2) | - |
        第2期 七月セミナーに参加して来ました
        0

          ダンクです。

           

          第2期の七月セミナーに参加して来ました。

           

          セミナーは、昨年のインストラクターコース以来になります。

          その時から一年近く経っており、久々のセミナーでしたが、

          繰り返し聴くことで、更に深まったと思います。

          日浦師匠の言葉はいつも通り力強いものでした。

           

           

          今後の構想についての話もありました。

          各地での瞑想セミナーの構想も、皆さんの意見を聴くことができました。

          私が考えた内容は、全く深まりに欠けるものでしたが、

          ご質問なども頂き、ありがとうございました。

           

           

          私が考えたことといえば、

          時間、場所、周知方法等、事務的な内容で、

          まだまだ内容が深まっていないなと、

          皆さんの話を聞いて感じたところです。

           

           

          その様な事も必要ではありますが、

          肝心なこと、それは真理を求めている人がいて、

          その人にどの様に伝えていくか、、という視点を

          もっと深める必要があるなと思いました。

           

           

          受講生のお一人に既にミニセミナーを開催していて、

          好評で次回のリクエストもあったとの事、

          普段から人に話せるくらい知識が身に付いているのでしょうね、凄いです。

          私も勉強のためにも聴いてみたいですが、距離的に難しいですね(笑)

           

           

          第2期の受講生の皆さんと、少しですが話もできました。

          皆さんとても真剣に受講されていて、質問の他にも、

          自分が今までやってきた事の発表もあり、積極的に活動されて

          来た方が数名いて、凄いなと率直に感じました。

           

           

          さて、新たな構想に向け、動き出しました、、、

          とまでは行っていないかもしれませんが、

          次の目標に向かって、スタートが切られました。

           

           

          ダンクでした。

           

           

          こちらも是非お立ち寄りください。

          日浦祐次の公式ブログ「ラーラ・ジャパン」

           

           

          posted by: ダンク | - | 23:27 | comments(0) | - |
          自己を見つめる(根性!根性!)
          0

            ダンクです。

             

             

            最近の記事は魔境付いてしまっておりましたので、

            ちょっと軌道修正です。(^_^;)

             

            部活などで先輩にしごかれたという人いますよね。

            ダンクの若い頃は、スポーツ=根性 という時代でした。

            というか、スポーツそっちのけで根性を叩き込まれました。(笑)

             

            続きを読む >>
            posted by: ダンク | - | 17:53 | comments(6) | - |
            おまけの記事(あのおじさんは誰?)
            0

              おまけの記事(一応、転写禁止ということで)

               

              ダンクです。

               

              「瞑想は正しい指導者の下で」の記事で、

              魔境に入った時、誰もいなかった、、、と書きました。

              自分独りだけ、ただ周りの情景がリアルに感じられた、というものでした。

              ダンクはこの記事を書いていて、ちょっとだけ昔のことを思い出しました。

              真理に関わる話ではないのですが、「おまけ」ということでお許しを。(笑)

               

               

              皆さんは「時空のおっさん」を知ってますか?

              ネット上のオカルトの分野では結構有名なのです。

              魔境とは違うと思いますが、こんな事もあるのかな?

              程度で聞いて下さい。興味がない方はスルーして下さい。

               

              また、

              スピ系に興味がある人の中には、このような話も好きな人は、

              多いのではないかと思います。これをきっかけにラーラブログに、

              繋がるきっかけになってもらえばと思います。

               

              では興味がある人は、この続きをどうぞ、、、

              続きを読む >>
              posted by: ダンク | - | 13:59 | comments(2) | - |
              瞑想は正しい指導者の下で(追記)
              0

                ダンクです。

                 

                 

                前回、魔鏡っぽい?体験談として記事にしましたが、

                日浦師匠からコメントがありました。

                 

                「それは、魔境だよ。」

                 

                やはりそうでしたか、、、。

                魔境っぽいという言い方をしましたが、何故かというと、

                現実とあまり大差ない、、、という感想だからです。

                 

                 

                順を追って、もう一度話しますと、

                目を瞑って瞑想をしていますと、頭の中の左側から右側へと、

                画像が流れて行きます。

                一つ一つが動く画像で、沢山のシーンが重なりあって、

                流れて行きます。膨大な量です。

                 

                 

                気にしないようにしても、気にしてしまいます。

                一つの画像が目に留まり、見入っているうちに

                気がつくと自分がその中に入り込んでおりました。

                古い木造アパートの前に座っていて、そこは、

                何ら日常と変わりません。夢の中のように支離滅裂では

                ありません。

                 

                 

                むしろ、リアル。リアル感バッチリです。

                メガネが無くてもはっきり見えておりますし、感覚が鋭くなっていて、

                空気の匂いや、草木の瑞々しさも伝わって来ます。

                木々が風になびけば、とてもリアルに音や空気感が伝わって来ます。

                私は、面白いな!こんな感じなら、またやりたいな、、。

                という気持ちになったのです。

                 

                 

                ということで、魔境とは知らず入り込んでいたのですが、

                意外と居心地が良かったのです。

                そこは、息苦しさ、違和感、いたたまれない感覚、恐怖感などではなく、

                むしろ、リアルで聡明なところで、自分は知覚力がアップしたかのような

                錯覚に陥ります。

                ただし、それらの体験をしたところで、何も変わりません。

                 

                 

                これが魔境だとは気づけないだろうな、、と思います。

                そして、自分はこんな風になれたんだぞーという優越感もありました。

                次に瞑想した時は、自分から没入できる場面を探していたのかもしれません。

                 

                 

                次は、すぐに没入できました。

                公園のそばのフェンスの外側を走っている歩道に座っていました。

                そして公園の方を見ておりました。その状態がしばらく続いていたのですが、

                右側の歩道を誰かが歩いて来ました、、、。

                ノシノシ、、、、前にも書いた真っ黒いヤツです。【👁👁】

                 

                 

                日浦師匠から、
                「会員登録すると、不浄な霊をお持ち帰りをする。
                そいつらが魔境へ連れていくのさ。

                彼らに連行されなくて、良かった。」

                 

                 

                私は、お持ち帰りしてしまったのでしょうか、、!

                多分そうなんでしょうね、、。

                そいつは、鼻と鼻がくっつきそうなくらい覗き込んで来たのです。

                魔境に入っていた時は、自分以外誰もいませんし、

                動物も一匹もおりません。そんな時、奴は現れました。

                 

                 

                ノシノシと近づいてきて、二つのギョロ目で

                顔を覗き込んできたのです。ゆーっくりと。

                脅かしに来たのであれば、もっと違うやり方があるはず、威嚇するとか、、。

                でも、顔がくっつきそうなくらいに覗き込んで来たということは、、。

                 

                 

                もしかすると誘っていたのでしょうか?

                一緒に行かなかぁ〜、、と。

                おー怖!

                 

                 

                ギョッとして目を開けて瞑想を止めました。

                こんな事が瞑想のたびに起こってしまっては、やってられません。

                ギョロ目に会うのはもう御免です。

                 

                 

                そこで日浦師匠から言われていたことを思い出しました。

                マインドは、無視すること!!  そう言われていたのでした。(汗)

                大量の映像も全て無視、どんな想いが湧きおころうとも無視、無視、、

                それからは魔境に入ることはありません。

                続きは前回書いた通りです。

                 

                 

                ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

                 

                 

                日浦師匠から続けて、

                会員登録しただけで、不浄な霊をお持ち帰りするのは、

                他の宗教団体、スピ団体も同じなんだ。何故なら偽りを流布する者は、

                彼らが流布させているからだ。みなさん記憶しておくことだ、

                「宗教もスピ世界も百花繚乱の闇だ」と言うことを。」

                 

                 

                ダンクが連れ帰った不浄な霊は、その後どうなったのか、まだうろついているのか?

                或は、護符シールで吹っ飛んだのか?、、。(笑)

                会員登録で不浄霊のお持ち帰り、、、

                これが実態であるという事、皆さんどうぞ知って下さい。

                 

                 

                そして、瞑想において指導者は絶対に必要です!自己流は大変危険です。

                私が言うのも変ですが、、( ̄▽ ̄;)

                正しい指導者(グル)の下で行う必要があります。

                その指導者がこちらにおります。下記のリンクを訪ねて下さい!

                 

                 

                ダンクでした。

                 

                 

                こちらも是非お立ち寄りください。

                日浦祐次の公式ブログ「ラーラ・ジャパン」

                posted by: ダンク | - | 10:03 | comments(4) | - |
                瞑想は正しい指導者の下で 2
                0

                  魔境っぽい話し、、、そうでもないかもしれないけど、、

                  の話の続きです。

                   

                   

                  ヨグマタおばさんに引っかかっていたころのこと、、、。

                  いわば、自己流の瞑想をやっておりました。

                  といいますのも、詳しく聞ける人もおりませんでしたので、

                  こんなもんかなぁ〜と軽い感じでやっておりました。

                  ヨグマタおばさんでも瞑想を勧めていたからです。

                   

                   

                  自宅で、ある時瞑想をしていると、

                  大量の映像が、頭の中で左から右へと流れて行きました。

                  いくつもの映像が重なり合って流れていきます。

                  その画面一つ一つが動く映像で、大量の想念です。

                  そんな中、ある映像に捕らわれると、

                  その映像に没入していきました。

                   

                   

                  自分は、知らないボロアパートの前の道路に座っていて、

                  アパートを見ています。とてもリアルな感覚です。

                  普段は、ど近眼なのですが、とてもくっきりと見えます。

                  その場の空気感も伝わってきます。不思議なことに現実よりも

                  リアル感があります。その時は、何事もなく終わりました。

                  私は、ちょっとおもしろい体験をした程度にしか思っていませんでした。

                   

                   

                  次に瞑想をしたときに体験したのは、近くの公園のそばに座っていました。

                  自分は公園に沿った歩道に座って公園を見ています。

                  前回同様、とてもリアルに見えます。

                  自分以外、誰もおりません。

                   

                   

                  しばらくそのままでおりましたが、右の方から

                  人のようなものがノシノシと歩いてきました。

                  なんか嫌な感じがしましたので、無視をしていましたが、

                  それは、こっちに向かって歩いて来ます。

                   

                   

                  人のようで、人ではない感じ、、。

                  スターウォーズに出てくるチューバッカを、

                  真っ黒にしたような感じですが、輪郭がはっきりしていません、

                  立体感がなく、真っ黒な影のようです。

                  そして顔もないのですが、二つの眼だけがギョロリ。

                   

                   

                  知らんぷりを決めていましたが、向こうもこちらに気付いていて、

                  どんどん近づいて来ます。そして、顔を覗き込んできましたので、

                  左に顔を背けると、さらに鼻と鼻がくっ付きそうなくらいに、

                  覗き込んできました。オー怖!

                  さすがにギョッとして、瞑想を止めました。

                   

                   

                  瞑想を止めた後、

                  日浦師匠の個人セミナーを受けた時のことを思い出しました。

                  マインドは無視すること!ひたすら無視、無視、無視、

                  捕らわれてはいけない!

                  といっていたことを思い出しました。

                  マインドに捕らわれるとはこういうことか、、、!

                  そう思い、次からは映像は全て無視、無視、、。

                  それから映像が出てきても、没入することはなくなりました。

                   

                   

                  個人セミナーを受けてから数ケ月は経っていましたが、

                  日浦師匠から受けた指導は、しっかり入っていました。

                  そのおかげで、魔境?の捕らわれからは、

                  すぐに足を洗うことが出来ました。

                  ご指導していただいたこと、本当にありがとうございます。

                   

                   

                  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

                   

                   

                  そして、ラストセミナーを受講してからは、

                  瞑想中におかしなことになったことは一度もありません。

                  何も恐れることなく、毎日瞑想することができます。

                   

                   

                  一度だけの可笑しな経験でしたが、、

                  (違うのかもしれませんが、、)

                  こんな程度で魔境を語ってすいませんでした。<m(__)m>

                  私がいうまでもなく、瞑想は正しい指導者の下で行うことが大切ですね。

                   

                   

                   

                  ダンクでした。

                   

                   

                  こちらも是非お立ち寄りください。

                  日浦祐次の公式ブログ「ラーラ・ジャパン」

                   

                   

                   

                   

                  posted by: ダンク | - | 22:57 | comments(11) | - |
                  瞑想は正しい指導者の下で
                  0

                    ダンクです。

                     

                     

                    グーグルを開いたら、マインドフルネス瞑想の記事が出ておりました。

                    「マインドフルネスな瞑想は仕事のモチベーションを下げる可能性が示される」

                    という研究結果です。この瞑想法は、やはり効果がなかったようです。

                     

                     

                    すると、、

                    関連する記事の中に、「魔境」についての記事がありました。

                     「瞑想」で生じるデメリット「魔境」について科学的な調査が始まる】

                    この記事で魔境について科学的調査が始まるとのことですが、

                    本当のことは、科学で証明できるのだろうか?と思います。

                    このような研究があるということは、そのような体験をされる方が

                    結構多いということなのでしょう、、。

                     

                     

                    魔境についての具合的な記載がありませんでしたが、

                    独学や自己流で瞑想をやるのは危険だといわれておりますので、

                    やはり、正しい指導者のもとで実践すべきです。

                     

                     

                    サハスラーラ新宿瞑想スクールでは、

                    日浦師匠から、瞑想の指導を受けております。

                    また、紫蓮さんからは、

                    日浦さんに指導していただくことで、虚無に陥ったり

                    クンダリニー症候群に迷い込むことなく

                    安心して瞑想ができるのです、、。

                    話してくださっております。本当にありがたいことです。

                     

                     

                    日浦師匠から、マインドに捕らわれると危険ですよ!と教えられています。

                    ダンクも魔境になんか入らずに、本当によかった、(^_^;)

                    と思っていました。

                     

                     

                    アレ!そういえば!?

                    ヨグマタさんに引っかかっていた頃、

                    そんな体験をしたことがあります、、。

                    魔境ではないかもしれませんが、、

                    魔境の序の口の序の口かも?

                    魔境っぽい話です。

                     

                     

                    つづく、、、

                     

                     

                    こちらも是非お立ち寄りください。

                    日浦祐次の公式ブログ「ラーラ・ジャパン」

                     

                    posted by: ダンク | - | 21:34 | comments(2) | - |
                    自己を見つめる(独り歩め)2
                    0

                      ヴィヴェーカーナンダ師は、

                      一日中激しく働いた後には心を制御することはできない、

                      と伝えています。

                      激しく働くということは、当然そこには人との関わりがあるでしょう。

                      人との関係こそが、一番マインドを消耗させるのではないかと思います。

                       

                       

                      仏典にスッタニパータという経典があります。

                      師匠から、仏典は仏陀滅後200年以上経ってからできたもの、

                      と聞いております。

                      このスッタニパータも仏陀滅後かなり時間が経ってから、

                      記録に残されたのでしょう。仏典の中では最古に位置するとのこと。

                      本当に仏陀が話したかどうかわかりませんが、こんな言葉がありました。

                       

                       

                      同伴者たちの中にいると、休むとき、立つとき、行くとき、旅するとき、

                      人から呼びかけられる。だれも欲しない独立自在の獲得を期して、

                      犀(さい)の角のように独り歩め。

                       

                      道理にはずれたものを見て、不正にとらわれる悪い仲間を避けよ。

                      熱心し怠惰な人に自ら近づくな。犀の角のように独り歩め。

                       

                       

                      ダンクは、学生の頃に読んで、「犀の角のように独り歩め」という

                      言葉が好きでした。襟を正したくなる思いです。

                       

                       

                      「独り歩め」とは自らの依存心を絶って歩め、という意味の他に、

                      必要以上に人や仕事や娯楽に関わり過ぎるな、と言っているのではないかと。

                      現代では一人で托鉢に出るような生活はとても無理ですが、、、。

                       

                       

                      独り行くこと、、、

                      何か、憧れますね、、。

                       

                       

                      遠い昔に想いを馳せる、ダンクでした。

                       

                       

                       

                      こちらも是非お立ち寄りください。

                      日浦祐次の公式ブログ「ラーラ・ジャパン」

                       

                       

                      posted by: ダンク | - | 00:20 | comments(0) | - |
                      自己を見つめる(独り歩め)
                      0

                        ダンクです。

                         

                         

                        ヴィヴェーカーナンダ師は、ラージャ・ヨーガにおいて、

                        〇働きすぎてはいけません、一日中激しく働いた後には、

                        心を制御することはできません、、、

                        と伝えています。

                         

                         

                        毎日の仕事において、マインドを当然使うわけですが、

                        労働時間が長かったり、体力を消耗してしまったとき、

                        特に、激しくマインドを使って働いたときは、

                        疲労感が強く感じられます。

                         

                         

                        ダンクも社会人としての生活も長くなりましたが、

                        マインドを使って仕事をしてきました。

                        身体もキツイし、マインドもキツイ!

                        という仕事もやってきました。

                        今現在は、身体はそうでもないのですが、マインドは

                        結構、使っている方では!?と、自分では感じています。

                         

                         

                        キツかった仕事とはいくつもありますが、、、

                        新入社員当時、2日も徹夜で書類を作ったことがありました。

                        書類整理を怠っていた社員の手伝いをやることになり、

                        期日が迫っていたので、フラフラでも休ませてくれませんでした。

                        2日間、家にも帰らず休むこともなく、書類をまとめていました。

                         

                         

                        そんな中、車を運転していたら、

                        目を開けたまま、居眠り運転をしてしまい、

                        危うく対向車にぶつかるところでした。

                        でもぶつからずに済んでホッとしましたが、

                        酷い仕事だ!と思い、怒りがこみ上げてきました。

                        その会社は、三年待たずに転職しました、、。

                         

                         

                        ヴィヴェーカーナンダ師が言わんとすることは、

                        激しくマインドを消耗しては、瞑想の修練は難しいので、

                        働きすぎず、規則正しい生活リズムが大切と言っているだと思います。

                         

                         

                        さらにヴィヴェーカーナンダ師は、

                        〇彼は一人で暮らすよう努めるべきです、

                        さまざまな人々と暮らすと気が散ります。

                        このように伝えてくれております。

                         

                         

                        では、明日から一人で暮らします、、とは簡単にはいきませんね。(笑)

                         

                         

                        つづく、、。

                         

                         

                         

                        こちらも是非お立ち寄りください。

                        日浦祐次の公式ブログ「ラーラ・ジャパン」

                         

                        posted by: ダンク | - | 21:44 | comments(0) | - |
                        女神が教えてくれた数式
                        0

                          ダンクです。

                           

                          小学校から中学校へと進学し、

                          次は高校へと自分の将来を考えて、

                          進学校を選択していきます。

                          その時に、自分は文系か、理系か、どっちに進もうか、、?

                          と考えるのではないでしょうか。

                          中には、はっきりとした目標を持っている人もいるでしょう。

                           

                           

                          ダンクは、漢字を憶えるのが苦手で、国語が嫌いでした。

                          漢字を見るとどれも絵文字のように見えてしまいます。( ゚Д゚)

                          漢字のパーツの一つ一つに意味があるのはわかるのですが、

                          ダンクは、ただ直線が入り混じったようにしか見えないのです。

                          なので書き順がめちゃくちゃでした。(笑)

                          今でもそうかも。(^_^;)

                           

                           

                          また、理数系が好きということもあり、

                          そっち方向に進みました。

                          数学が好きでした。そこで必ず出てくるのが「公式」というやつです。

                          公式も単純なものから、複雑なものまで、たくさんありますね。

                          一般人には関係ない話ですが公式の中には、

                          フェルマーの最終定理ように一見単純に見えて、

                          証明に300年以上もかかることがあるようです。

                           

                           

                          ラマヌジャン(18871920)という人をご存知ですか?

                          この人はインド人なのですが、ヒンズー教徒でバラモン出身、

                          独学で数学を学び、3000以上の数式を発表した人です。

                          その数式については、Googleでラマヌジャン数式(公式)と

                          検索すると、沢山出ますので、知りたい方は検索を。

                          ※ラマヌジャンの数式の中には証明がなされていないものがあるため、

                          公式ではなく数式と呼んでいます。 

                           

                           

                          この人の特徴は、公式を考える時、手持ちの小さな黒板に

                          チョークで書いて、少し考えて、それを消して、また書く、、。

                          これを繰り返して、出来上がったものを発表するというもの。

                          過程や証明が一切なく、いきなり数式(公式)を導き出します。

                          数学者の中でも極めて異彩な人です。

                          ラマヌジャンは、女神ナマギーリが舌に数式を書いてくれると

                          言ったそうです。

                          π(パイ)の公式は有名で、どのような発想で導き出されたかも、

                          わからないそうです。

                           

                           

                          いきなり答えが出て来るような場合や、

                          なんの脈絡もなく直感的に回答が得られる時など、

                          これはマインドを超えた、もっと深いところからの

                          メッセージではないかという気がします。

                           

                           

                          一人は、誰もが唯一の存在である魂(真我)を内在していると

                          教わっております。

                          真我は、真理であり完璧な存在。インスピレーションというものは、

                          そこを発生源にしているのではないかと言う気がします。

                          ラマヌジャンが女神が舌に書いてくれると表現したのは、

                          そうではないかと。

                           

                           

                          真我から伝わった数式とは、それがどんなに複雑なものであっても、

                          「あるがまま」なのではないでしょうか。

                          スーパーコンピュータが演算するのとは違い、

                          考える暇もなく、そこに存在するものとして瞬時に

                          表現されるのではないかと。

                          ラマヌジャンも汗水流して数式を考えたのではなく、

                          あるがままに導き出したのかもしれません。

                           

                           

                          日浦師匠が、車の運転中、時間を止めて天上界へ行き、

                          荘厳な部屋の中で、巨大な数式を見たと、、。

                          宇宙を証明するものだとのこと。

                          (〜と言ってたと思うんです。記憶曖昧ですみません。<(_ _)>)

                          師匠はその数式を覚えていないのかな〜、、?

                          たぶん、ダンクが見ても解らないと思うけど、見てみたいです。

                           

                           

                           

                          ダンクでした。

                           

                           

                          こちらも是非お立ち寄りください。

                          日浦祐次の公式ブログ「ラーラ・ジャパン」

                           

                          posted by: ダンク | - | 21:15 | comments(4) | - |